Drummer(ドラマー)佐藤慎一郎の公式HP

アレクサンダーテクニークについて

フレデリック・マサイアス・アレクサンダー(Frederick Matthias Alexander, 1869年 - 1955年)
 が方法論化した、心身(すなわち自己)の不必要な自動的な反応に気づき、
それをやめていくことを学習する方法です。

 

頭-首-背中の関係に注目することに特徴があり、
一般には、背中や腰の痛みの原因を改善、事故後のリハビリテーション、
呼吸法の改善、楽器演奏法、発声法や演技を妨げる癖の改善などに推奨されることが多いです。

 

アレクサンダーは、俳優として活動していたころに舞台上で声が出なくなる不調に襲われます。 彼は原因をつきとめるべく、鏡の前で自己観察をし、自らの発声方法(習慣)に問題があることを を発見します。声を出そうとすると無意識に喉に負担をかけてしまう癖を無くし、楽に発声するために自然でそして意識的に変えるにはどうしたら良いか、理論を構築していきました。

 

彼は声の問題も自力で解決し、その方法を他人にも教えはじめました。
 今では世界中でアレクサンダー教師たちがテクニックを教えています。
このテクニックは腰痛、肩こり、腱鞘炎など身体的問題をもつ人誰にでも適用できるため、
医学の分野でも積極的に取り組まれています。